Loading

やくよけ

舞妓さんの赤いアイシャドウのことです。

宮川町(みやがわちょう)

京都市東山区にある花街で、五花街の1つ。かつては歌舞伎が盛んで、阿国歌舞伎発祥の地の石碑が建っています。

都をどり(みやこおどり)

祇園甲部の芸妓、舞妓によって毎年4月1日~30日に祇園甲部歌舞練場で行われる舞台。花街の舞台の中では、最も規模が大きく有名です。

水化粧(みずげしょう)

水で溶いた白粉を使ってお化粧をすること。和化粧の基本的なやり方です。

髷かえ(まげかえ)

舞妓が年数を経て、髪型を「割れしのぶ」から「おふく」へと変えることを言います。舞妓でも年長者の扱いとなり、一歩芸妓に近づいたことになります。

髷(まげ)

舞妓さん・芸妓さんの髪型のこと。経歴に応じて以下のような種類があります。 割れしのぶ…店出しから1~2年の年少の舞妓が結う髷で、簪や髪飾りなどが用いられ、華やかな髪型です。 おふく…お姉さん舞妓さん...》詳しく見る

舞妓(まいこ)

芸妓の見習い段階のことを、京都では舞妓といいます。着物は肩上げで、裾を引いた振袖。おこぼの下駄にだらりの帯といった、はなやかな姿が特徴です。

先斗町(ぽんとちょう)

京都の花街の1つ。鴨川と木屋町の間にあり、石畳の狭い通りに面してたくさんのお店が並んでいます。

はんなり

華やかで美しいという意味の、舞妓さんを形容する言葉です。

花街(はなまち・かがい)

芸妓遊びのできる店が集められた区域のことです。京都には祇園甲部・祇園東・宮川町・先斗町・上七軒の5つがあり、「五花街」と呼ばれています。
1 / 512345

お電話でご予約の場合は TEL:075-551-1661 ご予約フォームへ

  • 写真で見る舞香
  • 京都散策 舞香の周辺スポット
  • 舞香ブログ
  • スタッフ募集中!!
  • メディア掲載情報
  • 舞香ギャラリー

ページトップへ