Loading

無言参り

こんにちわ。
梅雨ってなんだか心までジメジメしてしまう季節です・・・。
でももう7月ですよ!
京都はすっかり祇園祭です。
7月中は京都のどこにいっても祇園囃子が聞こえます。

今日はそんな祇園祭の行事の一つのお話です。
「無言参り」って知ってますか?
文字通り。なんですが;

 

八坂神社御旅所.jpg場所は新京極を四条通に出た南側にあります。
←こんな感じの場所なんですが、普段はあんまりぱっとしません(笑
祇園祭の間は八坂神社の神様もこの御旅所(おたびしょ)にも迎えることになっているのです。

17日の山鉾巡行がおわると八坂神社から3基の神輿が四条御旅所に渡る神幸祭が行われ、練り歩いた神輿は夜に四条御旅所へとたどりつきます。
この神輿は、このまま24日の還幸祭まで鎮座をします。
その期間。17日から24日までの間に無言参りをするのです。
やり方は・・・

1、17日から24日まで毎夜お参りをします。
2、その参拝中は御旅所⇔自宅の間は一言も口をきいてはいけない。

これにはたくさん説があるみたいで「参拝中の7日間は日常もまったく口を聞けない」とか「無言で鴨川を渡って・・・」と色々です。

川端康成著の小説「古都」の中では、この御旅所に1日のうちに「少し離れてはまたお参り」という行動を7回繰り返した少女が生き別れの双子の姉に出会うというシーンがあります。
「姉の行方を知りとうて・・・。あんた、姉さんや。神様のお引き合わせどす。」
そのときの少女の台詞なのですが・・・あなたにもこんな出会いがあるかもしれません!!(え

京都の方は7回でなくても無言でなくても、この御旅所にお参りする人は多いですよ。
舞香から歩いて15分程度なので変身後にお参りにいってみてはいかがでしょうか★


お電話でご予約の場合は TEL:075-551-1661 ご予約フォームへ

  • 写真で見る舞香
  • 京都散策 舞香の周辺スポット
  • 舞香ブログ
  • スタッフ募集中!!
  • メディア掲載情報
  • 舞香ギャラリー

ページトップへ