Loading

くくり猿。

舞香の軒先。こんばんわ。みなさん、サッカー観てますか?

それはさておき、今日は『くくり猿』のお話です。

一見、さるぼぼ?と思うようなこの丸い猿の飾り。八坂通り周辺の家の軒先や、舞香のあるここ、宮川町のお茶屋さんの軒先なんかでもよく見かけますが、これは『くくり猿』といいます。

八坂庚申堂で授かることができるもので、魔除けとして、そして願いを叶えるまじないとして吊るされています。

八坂庚申堂のご本尊は青面金剛で、遣いの三猿(見ざる・聞かざる・言わざる)もところどころに祀られてます。

『くくり猿』は見てのとおり、手足をくくられた猿を表しています。人間の欲望を猿に喩えて、人間の中にある欲が動かないように、くくられて動けなくなってるそうです。
なので、くくり猿に願い事を託して、それを叶える秘訣は、欲を一つ我慢することだとか。なるほどー。

 

由来も面白いですが、京都らしい街並みに、このくくり猿はよく映えます。舞香にも吊るされてるのですが、一緒に写真を撮ると雰囲気ありますヨ。お越しの際は是非写真を撮っていってくださいね♪

ではでは。


お電話でご予約の場合は TEL:075-551-1661 ご予約フォームへ

  • 写真で見る舞香
  • 京都散策 舞香の周辺スポット
  • 舞香ブログ
  • スタッフ募集中!!
  • メディア掲載情報
  • 舞香ギャラリー

ページトップへ